石井琢磨ピアノリサイタル

今、注目の日本人ソリスト“石井琢磨”が
ウィーンの「至宝」サウンドの皇帝
ベーゼンドルファー290インペリアルで奏でる
この上なく豊かな音色と美しいウィーンの魂
「音楽の都」ウィーンで磨き上げた繊細で表現力豊かな
石井琢磨の珠玉の演奏をお楽しみください

  

石井琢磨ピアノリサイタル TAKUMA ISHII PIANO RECITAL

〜 ウィーンの名器と共に 〜

2021年8月28日(土)13:30開演(13:00開場)

音楽の友ホール

(東京メトロ東西線「神楽坂駅」1a、1b出口から徒歩約1分 /都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂駅」A3出口から徒歩約7分 /JR中央線・総武本線・東京メトロ有楽町線・東西線・南北線「飯田橋駅」から徒歩約12分
*当ホールには駐車場がございませんので、公共の交通機関をご利用の上ご来場ください。)

全席指定 5,000円 【2021年7月1日(水)午前10時より販売開始!!】 

※発売期間中のみ、この下ににチケット販売ページへのリンクが表示されます

    

   


【演奏予定曲目】
A.グリュンフェルド:「ウィーンの夜会」
R.シューマン=リスト:「献呈」
C.フランク: 前奏曲、フーガと変奏曲 作品18
etc.

 

主催:大器株式会社

● お申し込み・お問い合せ ●
ビーフラット・ミュージックプロデュース
03-6908-8977
https://www.bflat-mp.com


 

 

「お客様とともに、同じ空間で、同じ音楽を共有すること」

この一年は、今まで当たり前だったことが、いかに幸せなことであるかに気付かされた日々でした。
2020年はじめ、日本での演奏会のために一時帰国していたまさにその時、世界はあっという間に変貌し、ウィーンに戻ることも叶わなくなりました。
演奏会はどんどんキャンセルされ、未知のウィルスへの不安に震えていたあの頃。不安と戦いつつ、自分に何かできることはないかと始めたのがYouTube (TAKU-音TV)でした。
おかげ様でたくさんの方に見て頂いており、音楽の力や素晴らしさを改めて感じています。自分の演奏を求めてくださる方が一人でもいらっしゃるなら、との思いで始め、1年続けてきたわけですが、何より私自身が一番楽しみ、また、心の拠り所にもなっております。
ウィーンに戻ることができた今も、ウィーンから映像や音楽をお届けしながら、視聴者の皆様との交流に日々、活力を頂いております。自分の音楽を介して、オンライン上ではありますが、「人とのつながり」を実感できていることに感謝しております。
今回のコンサートは、ウィーンの名器である「ベーゼンドルファー インペリアル290」を使用しての1日限りのスペシャルコンサートで、プログラムもTAKU-音TVで皆様にお届けした思い入れのある曲を選ばせて頂いております。 久しぶりの「生音」で、音楽を皆様と共有できることを本当に嬉しく思っております。

石井琢磨

 

石井琢磨 TAKUMA ISHII

2016年ジョルジュ・エネスク国際コンクール(ルーマニア・ブカレスト)ピアノ部門第二位受賞。1958年から開催され、ラドゥ・ルプーやエリザベス・レオンスカヤなどの世界的ピアニストが覇者として名を連ねる伝統あるコンクール史上、日本人ピアニスト初入賞の快挙。
2013年ピアナーレ国際コンクールにて(ドイツ・フルダ)ロペス・コボス賞、エウテルぺ財団賞、クレメンテピアノ賞を受賞。2015年IKAムルハルト(ドイツ・ムルハルト)第一位及び聴衆賞、2017年ディヒラーコンクール(オーストリア・ウィーン)優勝。
また2018年ジョルジュ・エネスク国際音楽祭(ルーマニア・ブカレスト)に招かれアテネ音楽堂にてソロリサイタルを開催し好評を博す。 ウィーン楽友協会、コンツェルトハウスをはじめヨーロッパ各地で演奏。
徳島県鳴門市出身。和田津美智代、飯田桂子、松本明、西川秀人、ペーター・エフラー、ローランド・ケラー、ジャスミンカ・スタンチュール、アンナ・マリコヴァ各氏師事。
東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を経てウィーン国立音楽大学ピアノ科に入学、同大学ピアノ科修士課程を満場一致の最優秀で卒業。
現在ポストグラデュアーレコースに在籍。

TAKU-音 TV たくおん 石井琢磨の公式YouTubeチャンネル。
演奏動画のほか、ウィーンの美しい街並みや
石井琢磨の人柄が伝わるコンテンツが盛沢山。
リサイタルの最新情報も配信中 ♪