Share Button

 

2018215日(木)1800開場/1830開演

2018215日(木)1800開場/1830開演

全席自由 4,000円


 東京カンマーコーア 50周年記念特別演奏会

〜 前代表 故伊佐地 邦治氏を偲んで 〜

2018215日(木)1800開場/1830開演

Hakuju Hall (千代田線「代々木公園駅」/小田急線「代々木八幡駅」徒歩5分)

全席自由 4,000円

【演奏予定曲目】

シューベルト: G-dur ミサ 167

高田三郎 :心の四季

伊佐地 邦治 編曲集

 

yoyaku_but

 

 

● お申し込み・お問い合せ ●
ビーフラット・ミュージックプロデュース
03-6908-8977
http://www.bflat-mp.com

 

 


 

■東京カンマーコーア
– Tokyo Kammerchor –

東京カンマーコーアはプロの混声合唱団として1965年に結成された。 音楽監督、常任指揮者として遠山信二、石丸寛ら各氏を迎え定期公演を行う。
その後、音楽監督:故伊佐地邦治氏のもと50年間に渡って活動し、現在は新代表:生駒文昭、常任指揮者:岡戸淳が中心となって活動中である。
団員は武蔵野音楽大学、国立音楽大学、東京音楽大学、東京芸術大学などの有名音楽大学の出身者が登録されており、
メンバーの中には音楽コンクールの入賞者やオラトリオ、オペラ、「第九」などのコンサートでソリストとして活躍する歌手を数多く在籍させている。
定期演奏会では後期ルネッサンスから近現代に至るアカペラの合唱曲を積極的に演奏している。
当団の活躍の中心として、青少年により良い音楽をという発想のもと「青少年のための音楽会」「スクール・コンサート」には特に情熱を注いでおり、
年間多数のステージを行っている。
また在京オーケストラとの共演、放送分野ではNHK洋楽オーディション合格以来、学校放送、FM放送、NHK大河ドラマのテーマ音楽の演奏など数多く出演している。

 

名誉音楽監督故 伊佐地 邦治

プロ混声合唱団『東京カンマーコーア』の常任指揮者として50年、多くの定期演奏会や自主公演、全国各地における学校コンサートの指揮を務める。

数多くの合唱編曲を提供し、外部のオーケストラや合唱団の指揮も務める。長年の東京カンマーコーアへの功績を讃え「名誉指揮者」とする。20157月永眠。

 

団代表:生駒 文昭

武蔵野音楽大学声楽科、およびコンセルヴァトワール尚美ディプロマコース卒業。2000年に副代表に就任、伊佐地氏の元で団の発展に向けて尽力する。

近年は、合唱指揮者としても精力的に活動している。2016年東京カンマーコーア代表に就任。

 

常任指揮者岡戸 淳

武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。武蔵野音楽大学、尚美学園、各地の市民、区民オペラほか多くの団体に於いて、多彩な役を演じ高い評価を得ている。

また、イタリア・ボローニャでのコンサート、歌って踊るミュージカルコメディショーなどにも出演し活躍の場を広げている。

 

ピアニスト: 小笠原 貞宗

武蔵野音大ピアノ科卒業。第2回「東京の夏」音楽祭、二期会駅伝コンサート等に出演。CD録音、論文多数。幅広いレパートリーで強い支持を受けている。

尚美学園ミュージカル科非常勤講師。