Share Button

46回ムジカ・ノヴァンタ・ノーヴェ演奏会

イタリア声楽曲研究会

「 芸術の薫り高いイタリアの名歌曲 」

 

2018年 719日(木)18:30開演(18:00開場)

Hakuju Hall(千代田線「代々木公園駅」/小田急線「代々木八幡駅」徒歩5分)

全席自由 4,000  学生 2,000

yoyaku_but

 


46回ムジカ・ノヴァンタ・ノーヴェ演奏会

〜 イタリア声楽曲研究会 〜

「 芸術の薫り高いイタリアの名歌曲 」

 

2018年 719日(木)18:30開演(18:00開場)

Hakuju Hall(千代田線「代々木公園駅」/小田急線「代々木八幡駅」徒歩5分)

全席自由 4,000  学生 2,000

yoyaku_but

 

【出 演】
下村裕子、藤井美知子、星川美保子、中島郁子、相山潤平、宮本英一郎、佐野正一、森田学

ピアノ:髙木由雅

【演奏予定曲目】

G. Martucci
(1856-1909)
G. マルトゥッチ

da “La canzone dei ricordi”
「思い出の歌」より

2. Cantava il ruscello la gaia canzone
2.小川は楽しい歌を歌っていた  他

E. Wolf=Ferrari
(1876-1948)
E.ヴォルフ=フェラーリ

 da “Canzoniere op 17,quattro canti per tenore”
カンツォニエーレ   テノールのための4つの歌、作品17」より

1. Bella,che censessanta ne chiamate
1160人の男をひきつける美しい女よ  他

O. Respighi
(1879-1936)
O. レスピーギ 

 da “Quattro rispetti toscani”
「トスカーナの4つのリスペット」より

3. Viene di là, lontan lontano…
3.風は遠く、更に遠くから吹いている

O. Respighi
(1879-1936)
O. レスピーギ

 da “Deità silvane”
「森の精たち」より

3. Egle
3.エグレ  他

I. Pizzetti
(1880-1968)

I. ピッツェッティ

da “Tre sonetti di Petrarca” in morte di Madonna Laura
ペトラルカの3つのソネット」恋人ラウラの死に寄せて、より

1. La vita fugge
1.人の世は去りゆく  他

I. Pizzetti
(1880-1968)

I. ピッツェッティ

da “Due canti d’amore”
「2つの愛の歌」より

Oscuro è il ciel
空は闇につつまれ

A. Casella
(1883-1947)

A. カゼッラ

da “Tre canzoni trecentesche”
1300年代の3つの歌」より

2. Fuor della bella gaiba
2.美しい鳥かごの外に

G. Recli
(1890-1970)

G. レクリ

La sorellina dorme
可愛い娘は眠る

duettino femminile da camera
女声室内二重唱

G.F. Ghedini
(1892-1965)

G.F.ゲディーニ

da “Quattro canti su antichi testi napoletani”
「古いナポリの詩による4つの歌」より

1. Auciello che ne viene da Caserta
1.カゼルタから飛んでくる鳥  他

 

 

● お申し込み・お問い合せ ●
ビーフラット・ミュージックプロデュース
03-6908-8977
http://www.bflat-mp.com

 

 


 

●出演者プロフィール●

 

下村裕子 ソプラノ
石川県内灘町出身。武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同大学院音楽研究科声楽専攻修了。同大学卒業演奏会に出演。福井直秋記念奨学生。第26回金沢市声楽コンクール銀賞。内灘砂丘フェスティバル2011にて、オーケストラ・アンサンブル金沢と共演。第37回金沢市声楽コンクール金賞。第23回金沢市音楽コンクールトップコンサートに出演。また、チャリティコンサートなどに出演の他、高齢者施設で音楽レクリエーション指導、演奏活動を行う。
藤井美知子 ソプラノ
武蔵野音楽大学声楽科卒業。同専攻科修了。三池弘美、故ロドルフォ.リッチの各氏に師事。歌曲と宗教曲を中心に活動し、古典から現代まで幅広く歌っている。アマチュア合唱団の指導、ヴォイストレーナーとしても活躍。また目黒区の老人福祉事業に参加し、歌唱指導を行う。ティアラこうとう小ホ-ル、横浜みなとみらいホ-ル小ホ-ルに於いてジョイントリサイタル、淀橋教会に於いてチャペルコンサ-ト開催。
星川美保子 ソプラノ
愛知県出身。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院オペラ科修了。二期会オペラ研修所マスタークラス第46期修了。2003年よりドイツ・ライプツィヒに留学。クリスティーナ・ヴァルテンベルク氏に師事。帰国後二期会公演『魔笛』パミーナ役への抜擢で一躍脚光を浴び、「ジュリアス・シーザー」で演じたクレオパトラ役ではその確かな歌唱技術と卓越した表現力、艶やかな舞台容姿で聴衆を魅了し絶賛を博した。またオラトリオのソリストとしても、透明度の高い声質が高く評価され、ソリストとして数多くのオーケストラ、指揮者と共演している。近年声楽の個人指導や合唱団のヴォイストレーナーとしても活動している。二期会会員。
中島郁子 メゾソプラノ
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院修士課程独唱科修了。文化庁海外派遣研修員としてミラノに留学。第72回日本音楽コンクール第2位、第56回ヴィオッティ国際音楽コンクール声楽部門第3位、第15回R.ザンドナーイ国際声楽コンクール・ザンドナーイ特別賞等、国内外の国際コンクールに入賞。近年では、日生劇場にて『セヴィリアの理髪師』ロジーナ役、二期会オペラにて、ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』アズチェーナ、プッチーニ『蝶々夫人』スズキ等に出演し好評を博す。また宗教曲やマーラー交響曲のソリストとしても高い評価を得ている。東京藝術大学声楽科非常勤講師。二期会会員。
相山 潤平 テノール
茨城県日立市出身。国立音楽大学音楽学部声楽学科首席卒業、矢田部賞受賞。同大学大学院音楽研究科声楽専攻修了。第74回読売新聞新人演奏会出演。二期会オペラ研修所第60期マスタークラス修了、修了時に優秀賞受賞。2006年よりイタリア留学、ミラノ市立音楽院オペラコース修了。第36回イタリア声楽コンコルソ入選、リッソーネ市第2回国際オペラコンクール最優秀テノール賞受賞。ミラノにてG.プッチーニ「ラ・ボエーム」ロドルフォ役でデビュー、G.ドニゼッティ「愛の妙薬」ネモリーノ役等多数出演し好評を得る。またW.A.モーツァルト「レクイエム」等のコンサートソリストとしても活動、現在は邦人作品などにも取り組んでいる。常磐ひたちメンネルコール常任指揮者、日立市子どもオペラ学校講師。二期会会員。
宮本英一郎 テノール
高松第一高等学校音楽科卒業、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学音楽研究科声楽専攻修了。大学卒業時に同声会新人演奏会に出演。二期会オペラ研修所第51期修了。二期会会員。 これまでにモンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》小姓役、《ウリッセの帰還(へンツェ版)》テレーマコ役、プッチーニ《ラ・ボエーム》ロドルフォ役、《ジャンニ・スキッキ》リヌッチョ役、レオンカヴァッロ《道化師たち》ぺッペ役、シュトラウス《カプリッチョ》八人の従僕役などに出演する他、モーツァルト《戴冠式ミサ》《レクイエム》ハイドン《ネルソン・ミサ》ベートーヴェン《第九》などのソリストも務めている。
佐野正一 バリトン
東京藝術大学卒業、同大学院修了。卒業時、宮中にて御前演奏を行う。日伊声楽コンコルソ第2位、日仏声楽コンク-ル第2位。日本音楽コンクール二度入選。奏楽堂日本歌曲コンクール奨励賞。二期会公演『ファルスタッフ』、宮本亜門演出『コズィ・ファン・トゥッテ』等、多数のオペラ、コンサート、宗教曲のソリストとして長年活躍している。海外では、NYのカ-ネギ-ホ-ル、ウィーンの楽友協会他、全17回、『感動の第九』のソリストとして出演する。ホテル椿山荘東京でのディナーコンサートも20年目を迎える。尚美学園大学、聖徳大学兼任講師。さいたまシティオペラ副会長。日本演奏連盟、日伊音楽協会、日本フォーレ協会、二期会、各会員。
森田学 バス
1997年より2003年まで、ボローニャ大学やパガニーニ研究所などで主に声楽曲(特に音楽と言葉)に関する研究と演奏活動を行った。カルロ・フェリーチェ劇場(アウディトーリウム)シーズン公演《コシ・ファン・トゥッテ》ドン・アルフォンソ役(全6回公演)、新国立劇場小劇場PITオペラ《友人フリッツ》アネゾ役、メキシコ『セルバンテス芸術祭』オープニング公演《夕鶴》惣ど役などを演じている。近年はイタリア近代歌曲の演奏と後進の指導を精力的に行なっている。 ( 活動の備忘録としてのブログ[http://piazzamanin.jugem.jp/)
髙木由雅 ピアニスト
福岡県出身。東京藝術大学ピアノ科卒業。全日本学生音楽コンク-ル西部大会 高校の部第1位。東京文化会館推薦音楽会ピアノ部門に合格、同演奏会出演。宮中の桃華楽堂にて、二度御前演奏を行う。第9回及び第10回奏楽堂日本歌曲コンクール優秀共演者賞受賞。ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番及び、リスト・ピアノ協奏曲第1番をオ-ケストラと共演。 オペラのコレペティートルとしての仕事のみならず、歌曲の分野にも造詣が深く、そのレパートリーは、伊、独、仏、日本の作品に及んでいる。その的確な解釈は、多くの声楽家から多大なる信頼を得ている。現在、東京芸術大学非常勤講師、二期会ピアニスト、日本フォーレ協会、日本演奏連盟会員。