Share Button
 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェコ・フィルのヴィルトゥオーゾ競演!

2018年12月7日(金)19:00開演 18:30開場

Hakuju Hall(千代田線「代々木公園駅」/小田急線「代々木八幡駅」徒歩5分)

全席自由 4,500円(当日 5,000円)税込


 

チェコ・フィルのヴィルトゥオーゾ競演!

若きコンサート・マスター イルジー・ヴォディチュカ(Vn)

名誉首席チェリスト フランティシェク・ホスト(Vc)

 

2018年12月7日(金)19:00開演 18:30開場

Hakuju Hall(千代田線「代々木公園駅」/小田急線「代々木八幡駅」徒歩5分)

全席自由 4,500円(当日 5,000円)税込

※未就学児のご入場はご遠慮ください

【出演】

イルジー・ヴォディチュカ(ヴァイオリン)
フランティシェク・ホスト(チェロ)
米津真浩(ピアノ)

 

【演奏予定曲目】

メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番ニ短調 作品49
スメタナ:わが故郷より~2つの二重奏曲
エルガー:愛の挨拶
サン・サーンス:白鳥
ショパン:序奏と華麗なポロネーズ ハ長調 作品3
サラサーテ:カルメン組曲 作品25

※演奏者の都合により、曲目が変更される場合がございます。予めご了承ください。

 

 


イルジー・ヴォディチュカ(ヴァイオリン)Jiri Vodicka, violin

イルジー・ヴォディチュカ(ヴァイオリン)Jiri Vodicka, violin

14歳でオストラヴァ大学の芸術研究所(現在の同大学芸術学部)への入学が許可され、高名な指導者ズデニェク・ゴラに師事する。2000年にコチアン・ヴァイオリン・コンクール、2004年、ワイマールのシュポア国際ヴァイオリン・コンクールで優勝。2008年、ライプツィヒで開催されたユース・コンサート・アーティスト・コンクールでは、数百名の器楽奏者を抑えて優勝し、翌年ニューヨークで行われた決勝に進み2位となる。2007年よりソリストとして活動を開始する。2015年にチェコ・フィルハーモー管弦楽団に入団し、瞬く間に手腕を発揮し、コンサートマスターに大抜擢されて今日に至る。チェコを代表するヴァイオリニストとして、これからの活躍に絶大な期待が寄せられる。

 

フランティシェク・ホスト(チェロ)František Host, cello

プラハ音楽院にてヴィクトル・モウチカに、さらにプラハ音楽アカデミーにてヨゼフ・フッフロに師事。1975年にチェコ・フィルハーモニー管弦楽団に入団し、首席チェロ奏者兼コンサート・マスターを経て、現在名誉首席チェロを務めており、まさにチェコ・フィルの重鎮的存在である。ソリストとして、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ交響楽団、マドリード国立管弦楽団、その他国内外で多くの室内管弦楽団と共演している。チェコ・フィルハーモニー八重奏団のメンバーでもあり、またコントラバスのイルジー・フデッツと20年以上に渡り“デュオ・ディ・バッソ”を組んでいる。CD録音も数多い。

 

米津 真浩(ピアノ)Tadahiro Yonezu

1986年2月14日生まれ。千葉県千葉市出身のピアニスト。
千葉県立幕張総合高校を経て、東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業。
同大学院を首席で修了。大学、大学院在学中特待奨学生として在学。
2009年度、同大学ティーチングアシスタント。
大学院修了後、異例の若さで母校である東京音楽大学にて非常勤助手として後進の指導に当たり、その後、更なる研鑽を積むため、2013年・2014年度ローム・ミュージックファンデーション奨学生としてイタリアの名門イモラ音楽院へ留学。
2007年 第76回日本音楽コンクールピアノ部門 第2位入賞。岩谷賞(聴衆賞)を受賞。
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、Gross Vogel Philharmoniker、東京音楽大学ブレイジングオーケストラと共演。
仙台クラシックフェスティバル2011年・2012年出演、成田国際空港ロビーコンサート出演。X JAPAN Toshlのライブサポートメンバーも務める。ソロ、室内楽等の演奏活動だけにとどまらず、クラシック音楽の普及をモットーに音源や記事の提供、TV出演、ボランティア活動、後進の指導、青少年文化センターアーティストとして小学生から高校生までを対象とした学校公演を行ったりと、アウトリーチ活動にも積極的に力を注ぐ。
これまでに寺田栄子、高梨淳子、村上隆、弘中孝、Leonid Margariusの各氏に師事。
また、M.ラエカッリオ、P.ネルセシアン、S.ドレンスキー、A.サッツ、M.ベロフ、D.ヨッフェ、B.リグット、V.リャードフ、B.ゲツケ、T.ゼリクマン、B.ペトルシャンスキー、P.ドヴァイヨンといった世界的なピアニスト・教授陣の指導を受ける。
2015年冬より拠点を日本へ戻し本格的に演奏活動を開始。
フジテレビ『金曜日の聞きたい女たち』、テレビ朝日『芸術ハカセ』『ならデキ』等のテレビ番組やラジオといったメディアへの出演も積極的に行う。
髙嶋音楽事務所所属。