Share Button

 

2019年7月2日(火)19:00開演(18:30開場)

すみだトリフォニーホール/小ホール 

(JR「錦糸町駅」)

全席自由 前売 4,000  /当日 4,500

 


フランティシェク ・ホスト(チェロ)&出井 愛(ピアノ)
デュオコンサート

2019年7月2日(火)19:00開演(18:30開場)

すみだトリフォニーホール/小ホール 

(JR「錦糸町駅」)

全席自由 前売 4,000  /当日 4,500

【出演者】

フラン ティシェック・ホスト(チェロ) 

出井 愛(ピアノ)  

ナビゲーター 出井則太郎

 

【演奏予定曲目】

シューマン:子供の情景 作品15
ベートーヴェン:チェロソナタ第3番 イ長調 作品69
スーク:6つの小品 愛の歌 作品7-1
スーク:バラードとセレナーデ 作品3
サンサーンス:白鳥
ブラームス:子守唄 作品494
シューマン :幻想小曲集 作品73

< 主催> パストラーレ株式会社
< 協力> アルペジオ音楽企画
<後援>チェコセンター東京

 

 

 

● お申し込み・お問い合せ ●
ビーフラット・ミュージックプロデュース
03-6908-8977

コンサート情報

 

 


 

フランティシェク・ホスト(チェロ)František Host, cello

プラハ音楽院にてヴィクトル・モウチカに、さらにプラハ音楽アカデミーにてヨゼフ・フッフロに師事。1975年にチェコ・フィルハーモニー管弦楽団に入団し。首席チェロ奏者兼コンサート・マスターを経て、現在名誉首席チェロ奏者を務めており、まさにチェコ・フィルの重鎮的存在である。ソリストとして、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ交響楽団、マドリード国立管弦楽団、その他国内外で多くの室内管弦楽団と共演している。チェコ・フィルハーモニー八重奏団のメンバーでもあり、またコントラバスのイルジー・フデッツと20年以上に渡り“デュオ・ディ・バッソ”を組んでいる。CD録音も数多い。

 

 

出井 愛 (ピアノ)Mana Dei

東京音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業後、チェコ国立プラハ音楽院に留学。スメタナの生家リトミシュルで行われた音楽祭に出演した他、プラハ・オロモウツ・ヴェルハルティツェ(古城)など、チェコ国内での音楽祭、コンサートに多数出演。

2011年にはベトナムホイアン市で行われた日越文化交流祭に招待される。

20126月に自身初となるプラハでのソロリサイタルを開催。

20141月チェコフィルハーモニー管弦楽団首席ホルン奏者、兼副指揮者のオンドジェイ・ヴラベッツ氏と共演し、好評を博す。

チェコ音楽コンクール(2009)入選。ロゼピアノコンクール(2010)第1位。 第18回ヤングアーチストピアノコンクールFグループ入賞。

近年では在日チェコ商工会議所てのイベントやチェコ大使館での建国記念日での演奏など行う。

20177月に1stCD『子守歌』をリリース。

20187月から全国順次公開している渡辺正悟監督のドキュメンタリー映画「性別が、ない!」のピアノ挿入曲を担当。

これまでにピアノを関根有子、神代麻子、船本貴美子、出井則太郎、ミハエル・レゼックの各氏に、ピアノデュオを宮崎和子、船本貴美子の各氏に師事。

ソロ演奏にとどまらず、声楽家、器楽演奏者からの信頼も厚く、伴奏ピアニストとしても幅広いジャンルで活躍。

 

75 total views, 1 views today