Share Button

栗コーダー&ビューティフルハミングバード

コンサート 2017 in 北海道!

NHK Eテレ『ピラゴラスイッチ』のテーマや『やるきのないダースベイダー』

テーマでお馴染みのあのサウンドがやってくる!!

2017年 7月17日(月・祝)14:00開演(13:30開場)

北広島市芸術文化ホール(花ホール)

全席指定(前売り、当日とも)
一般 2,500円
高校生以下 1,000円

未就学児の入場はご遠慮ください

■主催:北広島市芸術文化ホール運営委員会
■共催:北海道公立学校教職員互助会、北広島市教育委員会
■後援:北広島市

【チケット取扱い】
北広島市芸術文化ホール  Tel. 011-372-7667
ローソンチケット電話予約 Tel. 0570-084-001 Lコード:11530
大丸プレイガイド、
北広島市内地区図書室
(大曲分館、西の里公民館図書室、西部小分室、団地住民センター図書室)、

【お問合せ】
北広島芸術文化ホール Tel. 011-372-7667

※車椅子席をご利用の方は、芸術文化ホールへお問合せください。
※託児をご希望の方は、7月12日までにお申込みください。(有料)


「栗コーダーカルテット with ビューティフルハミングバード」コンサート
内容変更のお知らせ

栗コーダーカルテットとの共演も多いビューティフルハミングバードの小池光子さんが体調不良となり、医師と協議した結果、7月までの公演をすべてキャンセルして静養に専念することになりました。それに伴い、7月中に栗コーダーカルテットとビューティフルハミングバードが共演する予定だった公演は、ビューティフルハミングバードのギタリストであるタバティのみに参加してもらう「栗コーダーカルテット with タバティ」の公演に変更いたします。

また、コンサートの内容も栗コーダーカルテットの楽曲で構成するインストゥルメンタルのプログラムに変更となります。小池さんの歌声を楽しみにしていた皆様には申し訳ありませんが、楽しいコンサートとなるように栗コーダーカルテットとタバティで頑張りたいと思います。

※以下の「栗コーダーカルテット with ビューティフルハミングバード」のコンサートを
「栗コーダーカルテット with タバティ」に変更いたします

7月 7日(金)沖縄 那覇 Output
7月 9日(日)沖縄 宜野座村文化センター がらまんホール
7月17日(月)北海道 北広島市芸術文化ホール
7月25日(火)愛知 名古屋市芸術創造センター

公演まで一ヶ月を切っての変更となってしまったことを、ファンの皆様、コンサートの関係者の皆様にお詫び申し上げます。
そして、小池光子さんが一日も早く元気になることを願っております。

2017年6月24日
栗コーダーカルテット

 


【アクセス】

JRでお越しの方(JR北広島駅東4番出入口から徒歩1分)

千歳線
●札幌駅から     快速「エアポート」(新千歳空港行)で16分
●新札幌駅から    快速「エアポート」(新千歳空港行)で8分
●新千歳空港駅から  快速「エアポート」(札幌・小樽・旭川行)で18分

自動車でお越しの方

●札幌市内・千歳市内・岩見沢市内から  約50分

駐車場
●北広島市芸術文化ホール
・施設駐車場( 76台収容)   午前9時00分から午後10時00分(無料:ただし、施設利用証印が必要)
・臨時駐車場(100台収容)  施設駐車場が満車の場合解錠(無料)
●市営駅東口
・有料駐車場(100台収容)  午前6 時00分から 翌日午前1時00分(有料:150円/1時間)



栗コーダーカルテット

栗原正己:リコーダー、ピアニカ、アンデス、クルムホルン他 川口義之:リコーダー、サックス、ウクレレ、ボーラン他 関島岳郎:リコーダー、テューバ、口琴他 1994年結成。現在のメンバーは、栗原、川口、関島の3人。一聴するだけで「あの音だ!」とわかる唯一無二のサウンドは、NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」などでもお馴染み。テレビやラジオでその音楽を耳にしない日はない。映画、テレビ、CMへの楽曲提供を含め、作品CDは100を超える。2005年にカバーしたスター・ウォーズ「帝国のマーチ」のヒット以降、ウクレレや身近な楽器を使った脱力系バンドという側面がクローズアップされ、メディアで取り上げられることもしばしば。近年は全国のコンサートホールなどで年間100本を超える公演を行い、あらゆる世代から歓迎されている。 過去の共演アーティストは、春風亭昇太、あがた森魚、谷山浩子、吉澤実、THE SUZUKI(鈴木慶一+博文)、竹中直人、原マスミ、UA、遊佐未森、GOING UNDER GROUND、湯川潮音、おおはた雄一、ハンバート ハンバート、Lonesome Strings、たま、渋さ知らズオーケストラ、相対性理論、大宮エリーなど幅広い分野に渡る。 2012年、ユニバーサル・ピクチャーズ創立100周年を記念したオフィシャルカバーアルバム「ウクレレ栗コーダー2」、2013年、唱歌・童謡を温かく、かつシンプルにアレンジした「あの歌この歌」をリリース。2011年、2012年のヨーロッパツアーに続いて、2013年にはタイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー4ヶ国6都市のアジアツアーを敢行、好評を博す。2014年、20年間を俯瞰した2枚組のベスト盤「20周年ベスト」を発表。同年7月に結成20周年コンサートを渋谷公会堂にて開催した。 オフィシャルサイト → http://www.kuricorder.com/

ビューティフルハミングバード

小池光子:ヴォーカル 他 タバティ:ギター 他 2002年結成。作詞作曲をふたりで行う。 のびのびと広がる小池の歌声と、強くやさしいタバティのギターが持ち味。2003年にアルバム「ビューティフルハミングバード」でデビューし、同作品はロングセールスを記録した。2006年、鈴木惣一朗プロデュースでコロムビアミュージックエンターテインメントよりメジャーデビュー。オリジナル作品は、アルバム5枚、シングル2枚のリリース。2011年冬にはNHKみんなのうた「ウメボシジンセイ」を担当。近年では海外のトラッド曲を中心にしたカバー集なども制作。東京を中心に日本各地でライブを展開。小池は、細野晴臣トリビュートアルバム、鈴木惣一朗プロデュース‘りんごの子守唄’、坂本龍一主宰の‘にほんのうたプロジェクト’、ジム・オルークによるバート・バカラックトリビュートアルバム、青柳拓次、テイ・トウワ、PERIDOTS、コトリンゴ、フジファブリックなどのオリジナルアルバムに多数参加するなど、音楽家からの信頼も厚い。一方、デビュー以来数多くのCM音楽に参加しており、「誰もがきっと一度は聴いたことのある声」となった。タバティも、鈴木惣一朗プロデュース‘りんごの子守唄’やコトリンゴのアルバムなど様々な作品、またドラマ音楽や映画音楽に参加し、CM音楽でのサウンドメイクや歌唱など、各所で活躍している。 オフィシャルサイト →  http://beautifulhummingbird.com/