エマニュエル・リモルディ ピアノリサイタル

2021年10月16日(土)14:00開演(13:15開場)
Hakuju Hall

(千代田線「代々木公園駅」/小田急線「代々木八幡駅」徒歩5分)

  

全席自由  一般 5,000円/学生 2,500円

   

    


 

エマニュエル・リモルディ ピアノリサイタル

絢爛たるテクニック、ゴージャスな音色、圧倒的なピアニスト現る!

2021年10月16日(土)14:00開演(13:15開場)
Hakuju Hall

(千代田線「代々木公園駅」/小田急線「代々木八幡駅」徒歩5分)

全席自由  一般 5,000円/学生 2,500円

  

【演奏予定曲目】

クレメンティ ピアノソナタ Op.25-5
Clementi Piano sonata op.25-5

スクリャービン  幻想曲 op.28
Scriabin Fantasy op.28

ショパン 幻想ポロネーズ Op.61
Chopin Polonaise-fantasie op.61

ラフマニノフ 10の前奏曲
Rachmaninov 10 Preludes op.23

  

  

● お申し込み・お問い合せ ●
ビーフラット・ミュージックプロデュース
03-6908-8977
https://www.bflat-mp.com

主催 エマニュエル・リモルディ後援会
協力 KAJIMOTO、creomu、いちばんぼし
マネジメント ビーフラット・ミュージックプロデュース

  

  


   

エマニュエル・リモルディ Emanuel Rimoldi

ルーマニア人の母とイタリア人の父の間にミラノに生まれる。 ミラノ・ヴェルディ音楽院にてピアノ科と作曲科を卒業後、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院にて、エリソ・ヴィルサラーゼ氏の元5年間研鑽を積む。
トップ・オブ・ザ・ワールド国際コンクール(ノルウェー)に出場した際には、ショパンコンクール、ルービンシュタインコンクール、エリザベート王妃コンクール等の覇者を抑え見事優勝を果たす。その後、マンハッタン国際音楽コンクール(アメリカ)にてグランプリ受賞及び、審査委員長を務めたイーヴォ・ポゴレリチ氏よりポゴレリチ賞の授与をきっかけに国際舞台に躍り出る。
トップ・オブ・ザ・ワールド国際ピアノコンクール優勝後、ノルウェーにて演奏会やマスタークラス、ミラノ大学哲学学部では音楽と哲学の関係性についての講座を受け持つ。 これまでに、カーネギーホール(ニューヨーク)、ウィグモアホール(ロンドン)、ルクセンブルク・フィルハーモニック、ガスタイクホール(ミュンヘン)、サル・コルトー(パリ)、ゲヴァントハウス(ライプツィヒ)、ハノーファー・北ドイツ放送フィルハーモニック、ローマ・オペラ座、ヴェルディ音楽院大ホール(ミラノ)、モスクワ音楽院大ホール、モスクワ国際音楽会館等で演奏すると共に、国際ベートーヴェン・ホール音楽祭(メキシコ)、マイアミ・ピアノ音楽祭、キャッストン音楽祭(アメリカ)、ドゥシニキ国際ショパン・ピアノ音楽祭(ポーランド)など数々の主要音楽祭に出演し、熱狂的な支持を得る。各地の新聞等でも絶賛された。
ドゥシニキ国際ショパン・ピアノ音楽祭での演奏は、ポーランド・ナショナル・ラジオにて、ドイツ国内で行われたリサイタルは各地ラジオ放送局(NDR (ハンブルグ)、 MDR (ライプツィヒ)、ARD (ミュンヘン))にて放送され、モスクワ国際音楽会館にて行われたメトロ・コンサート・アート室内楽音楽祭での演奏は、ロシア国内テレビの文化チャンネルにて放送された。
2017年に行われたアメリカコンサートツアーを皮切りに、2018年には日本(東京、日経ホール・大阪、大阪大学会館ホール)、ドイツ(エルプフィルハーモニー・ハンブルグ、ムジークフロインデ・オルデンブルグ)、ロシア(モスクワ国際音楽会館、ソチ・フィルハーモニー)にてデビュー。

これまでにフランス、スペイン、イタリアにて国際コンクールの審査員として携わり、近年はノルウェー、イタリア、日本等各地マスタークラスにて後進の指導にもあたる。 また、いくつかの映画音楽の作曲も手がけている。 

2021年にはヤマハホール、サラマンカホール、ハクジュホール、すみだトリフォニーホール、2022年にはサントリーホールなど主要ホールでリサイタル、オーケストラとの共演を予定している。